お腹が減ると、冷静で集中力のある計画的な自分を保つことができせん。空腹になると、不機嫌になったり不安になったりしがちですが、これはギャンブル中には絶対に避けたい状態です。がしかし、もしカジノで運だめしをする時に効くものを食べたら、対戦相手より有利になるのでしょうか?以下にて、ギャンブルのプレイ中に食べると良いものを5つご紹介します!

ブルーベリー

ブルーベリーは実はとても健康に良い食べ物であり、脳機能と記憶力を改善したい人に推奨されています。ギャンブル界でプロになりたいなら、有名ポーカースターのジェイミー・ゴールドの真似をして、ブルーベリーを食べてみましょう。彼はワールドシリーズオブポーカーの「メインイベント」で勝利するのに、ブルーベリーが役立ったと断言しています。

この魔法のフルーツには、脳の働きを改善する抗酸化物質が豊富に含まれています。認知機能を高めてくれ、拳の中でもてあそぶことで気を静めることもできるのです。さらに、美味しいうえに低カロリーなので、女性にとっても嬉しいポイントですね!

アボカド

ちょっとズルをして、ブラックジャックで少しばかりカードカウンティングをしたいなら、記憶を大いに助ける不飽和脂肪酸がたっぷりのアボカドサンドイッチを食べるといいかもしれません。アボカドには視覚を改善するルテインも含まれており、スロットのシンボルがくっきり見えるようになるでしょう。

脂の多い魚

サケやマグロ、サバといったオメガ3脂肪酸を豊富に含んだ魚も、ギャンブルのパフォーマンスを向上させてくれます(ただし、魚をカジノに持ち込んで嫌な臭いを振りまかないように!)。家でオンラインカジノに挑戦している時には、お気に入りのミックスナッツに加えて、魚や軽食を食べるのに気兼ねはいりません。ナッツはギャンブル中も手軽につまめて、いつでも自分のそばにボウルを置いておけます。実店舗のカジノでは、テーブルにまでナッツを配ってくれるところまであるそうです!

ブロッコリー

記憶力と認識力を最高に保ちたいなら、ブロッコリーを食べましょう。食べ物でゲームを好転させるにあたって、美味しい選択肢とは言えないかもしれませんが(笑)、ブロッコリーを食べると、筋肉制御・記憶・集中をつかさどる神経伝達物質アセチルコリンの産生に必要な栄養素であるコリンをたくさん摂取できます。ポーカーで完璧な手札をうっかり見せてしまいたくないなら、震える両手や他のわななきによるミスの予防として、ブロッコリーが役立つでしょう。

ダークチョコレート

ブロッコリーを食べたくないという方は、もっと美味しい食べ物を試してみてもいいでしょう。そう、それはダークチョコレートです。カカオ70%以上のダークチョコレートは、少量のカフェインが摂れるので、注意力の維持に役立ちますし、さらにマグネシウムも補給できるので、セロトニンが分泌され、あまりついていない時にも気分が良くなり緊張が和らぎます。

とある調査によれば、ホットチョコレートを飲むことで、より良い効果が得られる可能性があるそうです。というのも、ホットチョコレートには、ココアパウダーが使われているので、記憶力・学習効果・気分を高める抗酸化物質フラボノイドの増加が期待できるとか!

以上いかがでしたか?これで、ギャンブルのお供としてのスナックは準備万端ですね。カジノに出かけて大きな勝利をおさめられること間違いなしでしょう!